MathematicalSoftwareAndFreeDocuments/02

数学ソフトウェアとフリードキュメント II

  • 2006年3月25日(土) 13:00 -- 18:00
  • 中央大学 理工学部5号館1階5134教室(所在地)
    • 東京メトロ丸ノ内線・南北線『後楽園駅』から徒歩5分
    • 都営三田線・大江戸線『春日駅』から徒歩7分
    • JR総武線『水道橋駅』から徒歩10分
  • 入場無料、事前申込不要
  • 照会先:野呂正行(神戸大学理学部)noro at math.kobe-u.ac.jp, 濱田龍義(福岡大学理学部)hamada at holst.sm.fukuoka-u.ac.jp
  • 参加者:約100名

Speakers

  • Ahara, Kazushi (Meiji University)
  • Asou, Kazuhiko (Tokyo University)
  • Hamada, Tatsuyoshi (Fukuoka University)
  • Kida, Yuji (Rikkyo University)
  • Kuroda, Hiraku (Hokkaido University)
  • Ohara, Katsuyoshi (Kanazawa University)
  • Ooura, Takuya (RIMS)
  • Sakai, Takashi (Tokyo Metropolitan University)
  • Yokota, Hiroshi (Toshiba I.S.)

Program

13:00 -- 13:30数学に関する映像の公開について麻生和彦東京大学
13:30 -- 14:00MathMLによる数学的文書の作成と公開のシステム黒田拓北海道大学
14:00 -- 14:303D-XplorMath入門酒井高司首都大学東京
14:30 -- 14:45休憩
14:45 -- 15:15Kids Cindyとそのスキーム阿原一志明治大学
15:15 -- 15:45FFTルーチンの概略と使い方大浦拓哉数理解析研究所
15:45 -- 16:15UBASICの20年木田祐司立教大学
16:15 -- 16:30休憩
16:30 -- 17:00Maximaの規則を利用する話横田博史東芝インフォメーションシステムズ株式会社
17:00 -- 17:30TeX とプレゼンテーション小原功任金沢大学
17:30 -- 18:00KNOPPIX/Math/2006 のある暮らし濱田龍義福岡大学

概略

13:00 -- 13:30数学に関する映像の公開について麻生和彦東京大学

2000年より東大数理科学研究科で行なわれている, 数学に関する映像を蓄積し公開することを目的とした『数理ビデオアーカイブス』プロジェクトの活動の中から講演の映像収録の方法, インターネットでの公開方法に関する技術的な解説, 収録映像の効果的な利用方法について紹介します.

13:30 -- 14:00MathMLによる数学的文書の作成と公開のシステム黒田拓北海道大学

Webページ上で数式を表現するための規格としてMathMLがあります. また, 近年Webページの作成・公開を容易にするツールとして, ブログツールやWikiエンジンと呼ばれるソフトウェアの利用が広まっています. この2つを融合させることで数式を含む文書をWeb上で簡単に作成・公開できるシ ステムが出来るのではないかと考え, TeXの数式をMathMLへ変換するライブラリと, これをWeb日記・ブログツール"tDiary"およびWikiエンジン"Hiki"から利用するプラグインを開発しました. 本講演では, 基本となった技術であるMathML, ブログ, Wikiに関する概略と, こ れらを組み合わせた実例について解説します.

14:00 -- 14:303D-XplorMath入門酒井高司首都大学東京

国際共同プロジェクトで開発を行っている数学的可視化ツール3D-XplorMathとそのJava版であるVMMの入門的な解説と開発計画についてお話します.

14:45 -- 15:15Kids Cindyとそのスキーム阿原一志明治大学

平面幾何作図ソフトCinderellaのサブセットのフリー版「Kids Cindy」のメインとなるスキームの紹介と, これからの展望を語ります.

15:15 -- 15:45FFTルーチンの概略と使い方大浦拓哉数理解析研究所

FFTの基本から使い方まで解説します.

15:45 -- 16:15UBASICの20年木田祐司立教大学

UBASICを作ったのは代数的整数論を研究しようとしたからであったが, それからどんどん軌道が逸れていったという話.

16:30 -- 17:00Maximaの規則を利用する話横田博史東芝インフォメーションシステムズ株式会社

Maximaの規則を定義・適用する事で, 結び目のAlexander多項式を計算する方法について.

17:00 -- 17:30TeX とプレゼンテーション小原功任金沢大学

最近の技術の進歩により, 数学の講演でもノートパソコンとデータプロジェクターを使用するものが多くなってきた. 商用の優れたツールもありフリーソフトウェアもあるが, 原稿を作成するのに TeX を使いたいという人は多いと思う. 本講演では TeX でプレゼンテーションをするための方法について概説する.

17:30 -- 18:00KNOPPIX/Math/2006 のある暮らし濱田龍義福岡大学

KNOPPIX/Math は, 数学者のためのコンピュータ環境として作られています. CD をコンピュータに入れて再起動するだけで, 面倒なインストール作業をせずに, どこでも同じコンピュータ環境が整います. CD 内に日本語環境が整えられていますので, 海外に出張していても日本語で Web やメールを利用することが出来ます. 数式処理システムや可視化ツールなど, 様々な研究用数学ソフトウェアを収録していますので, 数学実験環境としても有効です. この講演では, KNOPPIX/Mathのある暮らしについて解説致します.

Presentation Files


添付ファイル: fileknoppix-math_chuo.pdf 166件 [詳細] fileMaximaDEMO.tgz 2198件 [詳細] filefft06_ohp.pdf 5185件 [詳細] fileposter.pdf 3129件 [詳細] fileKidsCindy_j.ppt 3233件 [詳細] file3dxm_slide.pdf 141件 [詳細] file3dxm.pdf 2983件 [詳細] fileRulesMaxima.pdf 3382件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-09 (金) 18:44:24 (1774d)