MathematicalSoftwareAndFreeDocuments/15

数学ソフトウェアとフリードキュメント XV

  • 2012年9月17日(月, 祝) 13:00 -- 18:00
  • 九州大学病院キャンパス医学部百年記念講堂2階会議室1
  • 〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号
  • 入場無料
  • 照会先:野呂正行(神戸大学理学部/JST CREST)noro at math.kobe-u.ac.jp, 濱田龍義(福岡大学理学部/JST CREST/OCAMI)hamada at holst.sm.fukuoka-u.ac.jp
  • 後援:日本数学会情報システム運用委員会
  • 参加者:約30名
  • 終了後に懇親会を企画しています。参加を希望される方は、濱田まで連絡いただければ幸いです。
  • ポスターを作成いたしました.皆様,どうぞ,よろしく御願いいたします.

poster15

講演者

  • 清水理佳(広島大学/OCAMI)
  • 濱田龍義(福岡大学/JST CREST/OCAMI)
  • 藤村雅代(防衛大学校)
  • プライニング ノルベルト(北陸先端科学技術大学院大学)
  • 安田健彦(大阪大学)

プログラム

13:00--13:40Preziは黒板の代わりになるか濱田龍義福岡大学/JST CREST/OCAMI
13:50--14:30TeX Live (2012): history, installation, usage, support for Japanese TeX usersプライニング ノルベルト北陸先端科学技術大学院大学
14:40--15:30Euler Getter紹介安田健彦大阪大学
15:40--16:30結び目理論を応用したゲームとスイッチ清水理佳広島大学/OCAMI
16:40--17:30ブラシュケ積の幾何学的性質と双心多角形藤村雅代防衛大学校

概要

13:00--13:40Preziは黒板の代わりになるか濱田龍義福岡大学/JST CREST/OCAMI

ズーミングプレゼンテーションソフトウェア Prezi を紹介する。数学では伝統的に 黒板が使われてきたが、OHP、OHC を経て、最近は LaTeX Beamer を用いた講演が中心となってきた。 一方で、現在でも黒板を用いた講演の優位性は無視できないものがある。 ハンガリーで生まれた Prezi は、フレームとパスという概念を用いて、マインドマップ的に アイディアを記述し、表現するためのソフトウエアである。拡大、縮小が容易であることや、動的な表現ができることから, PowerPoint によるプレゼンを置き換えるものとして徐々に注目を集めつつある。 本講演では、初めて Prezi に触れる人にもわかるように、入門的な紹介をしつつ、 黒板に代わるメディアとなりうるかについて検討を行う。

13:50--14:30TeX Live (2012): history, installation, usage, support for Japanese TeX usersプライニング ノルベルト北陸先端科学技術大学院大学

We first present a bit of history of TeX Live, followed by a short discussion what TeX Live is -- and what it isn't. After that we walk through a complete installation with explanations and warnings. Having set up a new installation, we use it to show the first basic steps with the TeX Live Manager (tlmgr), as well as more involved usage scenarios, both using the command line and the GUI. Finally, we will discuss the recently greatly improved support for Japanese TeX users in TeX Live, including font setup. We will close with a short list of other notable news from the latest release of TeX Live 2012.

14:40--15:30Euler Getter紹介安田健彦大阪大学

本講演では、位相ゲームEuler Getterを紹介する。これは、私が2010年に考案したもので、 二人のプレイヤーが実射影平面上で陣地を取り合い、そのオイラー数を競う。 ゲームのルール、数学的背景を説明した後、複数の実装例を紹介する。

15:40--16:30結び目理論を応用したゲームとスイッチ清水理佳広島大学/OCAMI

結び目理論における領域交差交換の研究を応用して、領域選択ゲーム (Region Select) というパズルゲームが生まれました。公開から1年半たつ今、数々の関連ゲームや攻略法が提案されています。本講演では、そのうちの1つである領域点灯ゲームをさらに応用してできた、スイッチングシステムを紹介します。(領域選択ゲーム、領域点灯ゲームおよびこのスイッチングシステムは河内明夫教授、岸本健吾氏との共同発明であり特許出願中です。)

16:40--17:30ブラシュケ積の幾何学的性質と双心多角形藤村雅代防衛大学校

内接円と外接円を同時にもつ多角形を双心多角形と言い、二つの円が双心三角形を持つための必要十分条件は Chapple-Euler の公式として知られている。本講演では Daepp, Gorkin, Mortini (2002)によって与えられた3次ブラシュケ積の幾何学的性質を用いて Chapple-Eulerの公式を導く。また、この公式の拡張など周辺の話題にもふれる。

Keywords

Link


添付ファイル: fileshimizu.pdf 1093件 [詳細] filechapple.pdf 1571件 [詳細] fileposter15.pdf 760件 [詳細] fileposter15-mini.png 503件 [詳細] filetexlive2012-history-install-usage-nihongo.pdf 1270件 [詳細] fileEulerGetter.pdf 1136件 [詳細] fileposter15.odt 474件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-09 (金) 18:44:24 (1071d)