KSEG

  • 数学セミナー3月号の「エレガントな解答をもとむ」において岩井齊良先生によって紹介された問題です。
    「こんなコンピュータソフトが欲しい」という実用的な話題です。
    
    任意の三角形があって、3つの頂点のうち2つが黒点、1つが白点 
    でマークされているとし、次のプログラムを実行する。
    操作1 白点と黒点の中点を白点でマークする。
    操作2 新しくできた2つの白点の中点を黒点でマークする。
    操作3 古い白点を消す。
    操作4 新しい黒点、古い黒点、新しい白点の3点で新しい三角形を作り、
           それぞれについて以上の操作を繰り返す。
    このとき、すべての黒点がある放物線の上に並ぶことを示してください。
    bez-1.png
    bez-2.png
    bez-3.png

残念ながら KSEG では、点が放物線上にあるかどうかの判定はできません。 しかし、描画するだけでも結構楽しいので、作ってみました。KSEG では、コンストラクション(*.sec)という疑似スクリプト環境?で再帰を定義できますので、それを利用して点を数千個描画して曲線に見せかけています。→KSEG/再帰

利用方法

  1. KSEGが使える環境で、bezier-parabola1.sec をダウンロードしてください。
  2. KSEG で bezier-parabola1.sec を開きます。
  3. File(ファイル)からNew Sketch(新規スケッチ)を選択します。
  4. 新規スケッチ(Untitled)に右クリックで点を描画します。3点描いてください。
  5. Shift もしくは、矩形選択を利用して3点全てを選択します。
  6. Play(再生) から bezier-parabola1.sec を選んで再帰の深さを指定すれば描くことができます。
bezier-parabola1.png

添付ファイル: filebezier-parabola1.seg 2357件 [詳細] filebez-3.png 1984件 [詳細] filebezier-parabola1.sec 2517件 [詳細] filebez-2.png 1840件 [詳細] filebez-1.png 1788件 [詳細] filebezier-parabola1.png 1836件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-09 (金) 18:44:24 (1776d)