MathLibre/Debian/2013

mkusbmath 実行例

  1. MathLibre DVD を起動します.
  2. 以下の mkusbmath をダウンロードします.
    • 2013.04.08 更新 (二ヶ国語(日本語・英語),パーティション削除機能追加,念のため sync)
  3. 8GB以上のUSBメモリーディスクを接続してください.
  4. 以下の命令を端末で実行します.
    sudo sh mkusbmath
  5. USBデバイス(USBメモリーディスク)の一覧が表示されます.(以下は表示例です.)
    -----------------------------------------------------------
     mkusbmath: USB 起動 MathLibre 作成スクリプト
    -----------------------------------------------------------
    
    接続されている USB デバイスは以下の通りです。
    
    /dev/sdb usb-Generic-_SD_MMC_058F63626420-0:0
    /dev/sdc usb-Generic-_Compact_Flash_058F63626420-0:1
    /dev/sdd usb-Generic-_SM_xD_Picture_058F63626420-0:2
    /dev/sde usb-Generic-_MS_MS-Pro_058F63626420-0:3
    /dev/sdf usb-ELECOM_MF-LSU2_eb972e623b2081-0:0
    
    ターゲットデバイス名を選んでください (例. /dev/sdc) :
  6. ここでは /dev/sdf を選択します./dev/sdf と入力してEnterを押してください.
    /dev/sdf
    あなたは /dev/sdf を選択しました。
    
    マウント済みの領域をアンマウントします。
    
    
    続く操作を実行すると、
    USB メモリー内のファイルは全て!!!削除!!!されます。 
    
    だいたい、10分から20分かかります。
    作成を継続しますか? (y/n)
  7. y を押すと選択したデバイス内のファイルが全て削除されます.もし,削除しても良いのであれば,y を入力してEnterを押します.
    y
    OS イメージを複製しています。
      1.3GB at  112.1MB/s  eta:   0:00:22   34% [============                     ]
  8. 複製には10分から20分程度かかります.一応,気休めに複製の様子を表示していますが,100%になった後も,しばらく時間がかかりますので気長にお待ちください.
  9. 複製が終わりました.自動的に残りの領域に継続的保存領域を作成します.
    OS イメージの複製が完了しました。
    引き続き、継続的保存領域を作成します。
  10. 以下のメッセージが出れば終了です.
    継続的保存領域の作成が完了しました。
    USB 起動 MathLibre が完成しました。
  11. 以上の作業で,継続的ホームディレクトリ付のUSB起動MathLibreの完成です.

エラーメッセージ.

  • 一般に,/dev/sda は内蔵ハードディスクです.もし,選択してしまった場合は以下のエラーメッセージを表示して終了します.
    このデバイスはあなたのシステムのプライマリドライブと思われます。
    作成を中止します。

参考URL


添付ファイル: filemkusbmath 2261件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-09 (金) 18:44:24 (1774d)