FrontPage

SageMathCloud

2015年12月30日,SageMathCloud は Ubuntu 15.10 ベースですので,TeXLive 20150810 がインストールされています.

基本的にはPDFLaTeXが呼び出されますが, 最初の数行に設定を書くことで,pLaTeX や LuaTeX-ja を利用したTeX文書作成も可能です..

PDFLaTeX

  • bxjsarticle に対応しました.2015.12.30
    \documentclass[a4paper,pdflatex,ja=standard]{bxjsarticle}
  • TeXLive 2014 だったときの情報です.
    • PDFLaTeXを使う場合は,クラスファイルとパッケージを指定することで日本語も扱えます.残念ながらbxjsarticleには対応していないようです.
       \documentclass{scrartcl}
       \usepackage[whole]{bxcjkjatype}

LuaLaTeX (LuaTeX-ja)

LuaTeX-ja も使えます.

 %sagemathcloud={"latex_command":"lualatex -synctex=1 -interact=nonstopmode luatexja_sample.tex"}
 \documentclass{ltjsarticle}

pLaTeX Sample1

TeXLive 2015 に更新されたので, --shell-escape は必要なくなりました.

 %sagemathcloud={"latex_command":"ptex2pdf -l platex_sample1.tex"}
 \documentclass{jsarticle}
  • 以下は TeXLive 2014 の場合です.
    • pLaTeXはLuaスクリプト ptex2pdf を呼び出す設定にすることで使えます.--shell-escape は extractbb を自動実行するためのオプションです.
       %sagemathcloud={"latex_command":"ptex2pdf -l -ot '--shell-escape' platex_sample1.tex"}
       \documentclass{jsarticle}
  • '--shell-escape' を設定すると,全ての外部コマンドが実行可能になってしまいますので,ちょっと面倒ですが,以下の方法が良いようです.
  1. 設定用ディレクトリを作成する.
    mkdir $HOME/.texmf-config/web2c
  2. $HOME/.texmf-config/web2c/texmf.cnfに以下を記述する.
    shell_escape_commands=bibtex,bibtex8,kpsewhich,makeindex,mpost,repstopdf,extractbb,
  3. 第1行で以下を指定する.
    %sagemathcloud={"latex_command":"TEXMFCNF=$HOME/.texmf-config/web2c: ptex2pdf -l platex-sample1.tex"}

pLaTeX Sample2

Latexmkを使う方法もあります.

 %sagemathcloud={"latex_command":"latexmk platex_sample2.tex"}
 \documentclass{jsarticle}
  • $HOME/.latexmkrc の設定が必要です.
     $latex  = 'platex -synctex=1 --shell-escape';
     $latex_silent   = 'platex -synctex=1 -interaction=batchmode';
     $bibtex = 'pbibtex';
     $dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
     $makeindex      = 'mendex %O -o %D %S';
     $max_repeat     = 5;
     $pdf_mode       = 3;
     $pdf_update_method = 1;

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-30 (水) 18:27:36 (480d)