GeometrySymposium

:期間:1994.07.25 -- 1994.07.28
:会場:筑波大学

- 大津 幸男
-- アレクサンドロフ空間の幾何学 (1),(2)
- 大沢 健夫
-- 擬凸超曲面と Bergman 核の漸近挙動
- 加須 栄篤
-- リーマン計量の縮退と熱核の収束
- 町頭 義朗
-- アレクサンドロフ曲面上のガウスボンネの定理とその周辺の問題について
- 平地 健吾
-- 強擬凸 CR 多様体の局所不変量の構成と Bergman 核
- 田上 広行
-- 曲率が上に有界なアレクサンドロフ空間のリーマン構造について
- 吉川 謙一
-- 錐状特異点を持つケーラー多様体のスペクトル‐ゼータ関数
- 橋本 英哉
-- 四次元球面内の極小曲面について
- 志賀 啓成
-- リーマン面の length spectrum について
- 佐藤 勝憲
-- Existence proof of one ended minimal surfaces with finite total curvature
- 梅原 雅顕
-- 閉曲線の頂点について
- 芥川 和雄
-- 3次元閉多様体上の共形平坦な計量に対するピンチング定理について
- 加藤 信
-- フラックス公式の逆問題
- 榎 一郎
-- Non-K\"ahler 多様体に対する Albanese 写像の一般化
- 宇田川 誠一
-- Harmonic tori in complex Grassmannians
- 五十嵐 雅之
-- コンパクト K\"ahler Liouville 曲面について
- 浦川 肇
-- Laplacian on graphs
- 金 香淑(韓国仁済大)
-- $P_n(C)$ の実超曲面の型数について
- 田崎 博之
-- 対称空間における積分幾何 (1),(2)
- 市田 良輔
-- 正曲率リーマン多様体の単射半径と基本群の関係
- 松本 誠
-- 2次元の計量化問題
- 亀谷 幸生
-- 非複素ホモトピー楕円曲面のドナルドソン多項式について
- 高倉 樹
-- Intermediate polarization of the moduli space of flat connections
- 小磯 憲史
-- ゴム輪の運動方程式(波動方程式と熱方程式)
- 戸田 正人
-- リーマン多様体の中への H-surface の存在について
- 前田 定廣
-- Circles in complex projective spaces and type numbers
- 森 邦彦
-- Left invariant Einstein metrics on compact simple Lie groups
- 国分 雅敏
-- カテナリーとカテノイドの一般化について
- 陶山 芳彦
-- 曲率と微分可能球面定理
- 永井 節夫
-- 複素空間型内の generic 部分多様体上の naturally reductive Riemannian homogeneous structure について
- 森 博
-- 双曲的平面から双曲的空間への等長的はめ込みについて
- 黒瀬 俊
-- 計量共役な接続を持つ擬リーマン多様体上の距離二乗型関数について
- 木村 真琴
-- Ruled K\"ahler submanifolds in complex projective spaces and holomorphic curves in complex Grassmann manifolds

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS